ほっと整体整骨院トップページ > 筋肉と関節の専門家ブログ

筋肉と関節の専門家ブログ

肩甲骨の動きは大切

2020.02.18

肩甲骨とは?

背中の上部にある左右一対の三角形の形をした骨で、腕を動かす際に連動して動くのですが肩甲骨自体は宙に浮いている状態なのでとても不安定な骨でもあります。

肩甲骨の動きと役割

肩甲骨と体幹が繋がる部分は鎖骨だけで、あとは筋肉に覆われて支えられているので様々な方向へ動かせることが可能です。
・挙上
肩を上げる(すくめる)動作
・下制
上げた肩を降ろす動作
・内転
胸を張る動作
・外転
前方へパンチをする動作
・上方回旋
腕を上にあげるバンザイの動作
・下方回旋
背中が痒い時に背中に手を回す動作

実際は肩関節と肩甲骨の連動する動きで腕が可動するのですが、肩甲骨の動きが悪く衰えるとこれらの簡単な動きも出来なくなってしまうのです。

肩甲上腕リズム

肩甲上腕リズムとは、上腕骨と肩甲骨の動きの比率のことで2:1の割合で動くとされています。
ただ、すべてが2:1の割合で動くのではなく条件によって少しながらの誤差が生じています。
横向き(側臥位)で腕を上げてくると
・0°~90°では約2.7:1
・90°~150°は約1.6:1
・150°~170°は約1.4:1

といった誤差が出ますが、上腕骨が下垂位(体幹)に近いほど上腕骨の動く割合が多く、挙上位(上腕骨が外側)になるほど肩甲骨の割合が多くなることが言えると思います。

肩甲骨のゼロポジション

肩関節の「ゼロポジション」という言葉をスポーツをやっている方なら聞いたことがあると思います。野球の投球動作やバレーボールのスパイク動作の時に腕を挙げますが、このときにゼロポジションであることが肩への負担を軽減させることにつながると言われています。ゼロポジションと呼ばれるには次の2つの理由があります。

①上腕骨と肩甲棘(けんこうきょく)が一致したポジション
肩甲骨には後面に肩甲棘と呼ばれる出っ張り部分が存在します。肩甲棘と上腕骨は腕を挙げていくにつれて運動軸が一致するポジションがあり、これをゼロポジションと呼んでいます。個人差はありますが腕を約140°程度挙上したところに存在すると言われており、ガッツポーズの状態がこのゼロポジションとなります。肩甲棘と上腕骨の運動軸が一致したところで角度はゼロとなります。これはレントゲンでも確認できます。
②上腕骨へのひねりストレスがない
ゼロポジションになると上腕骨には外旋や内旋といった回旋ストレスがない状態となります。肩の安定性を高めるローテーターカフ(回旋筋腱板)は前面に肩甲下筋、上方に棘上筋、後面に棘下筋、小円筋という筋肉が存在しますが、ゼロポジションの状態ではそれぞれの筋肉に回旋ストレスがかからないため筋緊張のバランスが保たれた状態となり、関節は安定します。

スキャプラプレーン

先ほどのゼロポジションに比べると知らない人も多いと思います。
スキャプラ=肩甲骨
プレーン=面
スキャプラプレーンとは日本語に直すと肩甲骨面と言われています。肩甲骨は体の背面に位置していますが、丸みのある肋骨の上に位置するため水平面に対してやや角度を持っており、その角度は水平面から前方に30°程度あると言われています。スキャプラプレーンは関節を包む関節包や靭帯のバランスが安定し、ゼロポジションと同じく上腕骨への回旋ストレスがかかりにくい機能的なポジションです。
ここで私が小学校から高校まで野球をやっていたので野球を例にして書かせていただきますね(^^)/
野球の投球時に腕を挙げるのはスキャプラプレーン上が望ましく、この面を外れて上腕だけが後方で挙げてしまうと腕はスムーズに挙がりません。それでも腕を挙げようとすると肩をすくめるといった代償運動が起こったり、肩の前方に過度なストレスがかかって痛みを発症することにつながってしまいます。スキャプラプレーンは前方に約30°ほどの角度がありますが、肩甲骨を引き寄せる内転動作を行うとその角度はさらに小さくなり、水平に近づきます。胸を張って腕を大きく振り上げるときは、腕のみを後方に引くのではなく肩甲骨を一緒に引き寄せることでスキャプラプレーン上で動作を行うようにすると、肩への負担を軽減させることができ怪我の予防になります。

朝の腰痛の原因とは?

2019.04.05

朝起きたら、腰が痛い!!

なんてことはありませんか?

痛みが強くて、起き上がる事が出来ないなんて事もあります。

少しでも早く治療や対処をして痛みを和らげたいと思うでしょう!!

ですが、まずそもそもの原因が何かわからないのは困ったものですね。

その腰の痛みの原因を知り、それに相応しい対処をしていきましょう。

 

朝起きた時に痛みを感じる場合の原因はこれらだと考えられます。

●腰の骨に異常がある

●筋肉と腱に疲労が溜まっている

●寝ている間に腰が圧迫されている

●心因性の腰痛(ストレス)

●疾患がある

身体の痛みの原因がどれなのか考えていきましょう。

 

○腰椎症による腰痛の場合

痛みがかなりひどい場合、腰椎症の可能性があります。腰椎の骨と骨の間にある椎間板というクッション機能が低下する事で生じる症状です。

年を重ねる事により椎間板内の水分が失われる事で徐々にクッション機能は衰えてしまいます。

それだけではなく、肉体労働や、スポーツ時に椎間板に力が加わる事で潰れてしまう事もあります。

 

○筋肉と腱の硬直による痛み

ズーンとした重さと共に腰が痛むなら、筋肉と腱の硬直が原因と考えられます。ビックリされる方もおられるかもしれませんが、筋肉などの硬直から痛みが生じる事もあります。

なぜ、そうなるかというと、

睡眠時に筋肉が硬直⇒血行不良⇒酸欠⇒こり、痛みの発生

という流れで痛みが発生しています。

 

○睡眠時の腰の圧迫による痛み

敷寝具の硬さが腰痛の原因になったりもします。

体圧がちゃんと分散されず、腰に身体の重みが集中してしまっている状態です。

それと同時に、背中が浮いてブリッヂ状態になっています。

その支柱となる腰に大きな負荷がかかります。

この姿勢を浸判続けると、起きた時に痛みを感じるのも無理ありません。

 

○心因性腰痛

周期的に朝起きる時の腰痛に悩まされたり、専門医に診てもらったものの

「以上や病気は見当たりません」といわれたりしてないですか?

それはもしかしたら、あなたの腰の痛みは精神的なストレスが原因となっているかもしれません。

 
 

○疾患が腰痛の原因となっていることも

腰の痛み以外に、手足に痺れなどを感じる。

身体の他の部位にも痛みがある、高熱を伴うなどの場合、腰椎の病気の可能性も考えられます。

・炎症性疾患:感染性脊椎炎、強直性脊椎炎

・代謝性疾患:骨粗鬆症

・腫瘍性疾患:脊椎腫瘍、原発性脊椎腫瘍、転移性脊椎腫瘍

 
 

 

腰の痛みの原因に当たりが付いたら、早めの対処をするようにしましょう!!!

堺市堺区の湊にあるほっと整体整骨院ではなぜ痛みがでたのか、身体の歪みはあるのか?

きっちり診させて頂きます。

適切な対処法で腰の痛みをなくしていきましょう!!!!!!!

ご安心していつでもご相談下さいね。

sakaisisakaikuhootoseitaiseikotuin
あなたの悩みを諦めず治療していきます。

 

 

 

 

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒590-0834
大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線湊駅から徒歩1分

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

LINEアカウント

お友達追加して頂くと、、、 直接ご予約を取ったり、気になる事があればいつでもメッセージを送る事ができます。 また、お得なクーポンやイベントも配信しております!

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
もみほぐし
鍼灸治療
往診
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
ほっと整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
求人情報
WEB限定メニュー
ほっと整体整骨院院内案内
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ほっと整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒590-0834
    大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線湊駅から徒歩1分

pagetop