ほっと整体整骨院トップページ > 堺市整骨院

3月に多い病気は?

2021.03.05

3月に多い病気は何と言っても、花粉症に関連したアレルギー性の病気ですね。
代表的なものは、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などがあります。意外と知られていない事ですが、北海道はスギが少ないので本州で多くを占めるスギ花粉による花粉症は少なく、シラカバやイネ科の植物による花粉症の方が多いです。
アレルギー性鼻炎の症状は、くしゃみと鼻水、鼻づまりが代表的で、その他には鼻水が喉の方に流れていくので痰の増加にも関与しています。また鼻の粘膜が充血しているので、鼻血も出やすくなるようです。
内科に風邪と思って受診される方がこの時期多いですが、風邪との違いは、のどの痛みや咳、熱があまりみられず、目のかゆみがある方はまずアレルギー性鼻炎の可能性が高いと思われます。アレルギー性鼻炎の治療としては、点鼻薬や内服薬があります。内服薬は抗アレルギー薬で、眠気がくるものもありますので、車の運転の際には注意が必要ですね。
アレルギー性結膜炎の主な症状は、目のかゆみと異物感、涙目、目やにです。アレルギー性結膜炎の原因のほとんどは、花粉症によるものといわれているようです。アレルギー性結膜炎の特徴は、他の眼疾患と比べて、毎年同じような季節に症状が出ること、両方の目に症状が出ることが挙げられます。治療は抗アレルギー薬の点眼薬、点眼薬で改善しない場合には、抗アレルギー薬の内服も行われることがあるようです。

花粉症以外に多いのは、インフルエンザです。
インフルエンザは、1~4日間の潜伏期間を経て、突然に発熱(38℃以上の高熱)、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛・関節痛などが出現し、鼻水・咳などの呼吸器症状がこれに続きます。通常は!週間前後の経過で軽快しますが、いわゆる「かぜ」と比べて全身症状が強いのが特徴です。主な感染経路は、くしゃみ、咳、会話等で口から発する飛沫による飛沫感染です。他に接触感染もあるといわれています。
インフルエンザの予防には、予防接種を受けることが有効です。予防接種を受けることで、発症率、重症化率の低減につながると言われています。インフルエンザの感染対策としては、飛沫感染対策として、咳エチケット。接触感染対策としての手洗いの徹底が重要であると考えられますが、たとえインフルエンザウイルスに感染しても、全く無症状の不顕性感染例や臨床的にはインフルエンザとは診断し難い軽症例が存在します。これらのことから、特にヒト~ヒト間の距離が短く、濃厚な接触機会の多い学校、幼稚園、保育園等の小児の集団生活施設では、インフルエンザの集団発生をコントロールすることは、困難であると思われます。
例年なら多いインフルエンザですが、新型コロナウイルスの大流行がありマスクの着用が徹底されているので今回は多くないようですね。

腰痛になりやすい人って!?

2021.01.06

腰痛になりやすい理由は?
生まれて一度も腰痛を患ったことがないという方はいてますか??
厚生労働省が行なっている国民生活基礎調査によると、日本人の約90%は一生に一度は腰痛を経験するという結果がでています。また、職場において起こる病気やケガのうち、腰痛は全体の約60%を占めると言われています。普段から感じている不調において、男性は1位、女性では2位に腰痛がランクインしているほどです。さらに、現在治療院などに通院している理由において、女性では2位に、男性では4位に腰痛が入っています。
この統計結果から、腰痛は日本人の国民病とも言えるのではないですか。
 
運動不足、オーバーワーク
運動不足が続くと筋肉が衰えて背骨の動きも悪くなってきます。本来、筋肉のポンプ作用で血液の流れをサポートしている為、筋肉が衰えることで血液の流れも悪くなります。そうなると、筋肉への新鮮な酸素を届けることができなくなったり、椎間板や靭帯の新陳代謝も悪くなります。その結果、腰痛が起こりやすくなってしまいます。
また、運動をしていると健康になれそうな気がしますが、実は運動が原因で腰痛になるケースもあります。アスリートに腰痛持ちが多いように、激しい運動のしすぎで筋肉を痛めつけてしまうと腰痛になってしまいます。
 
長時間の同じ姿勢が続く
デスクワークで一日中座りっぱなしでパソコン作業をしている、接客業で一日中立ちっぱなしなど長時間同じ姿勢で過ごしている方は要注意です!
立っていると、仰向けに寝ている状態の約4倍、座っていると仰向けに寝ている状態の約6倍もの負荷が腰にかかってしまっています。そのような状態を長時間続けていると腰が痛くなるのも当然ですよね。
また、いつも同じ肩に鞄をかけている、子供をいつも同じ側の腕で抱っこしているなど、日常の何気ない動作の繰り返しが、姿勢の歪みを生み出し、それが結果的に腰痛に繋がることもあります。
 
飲酒、喫煙の習慣がある
タバコや飲酒の量が多いほど腰痛患者の割合が高いという結果が出ています。タバコに含まれているニコチンという成分には血管収縮作用があります。その作用により腰回りの血液の流れが滞って、腰痛になってしまうのです。また、ニコチンには椎間板をの弾力を低下させる働きもあるため、椎間板ヘルニアになりやすくなります。
お酒は、適度に飲むぶんには構いませんが、量が多くなってしまうと問題です。多量のアルコールを摂取することで、内臓に過度の負担がかかります。内臓の不調は、筋肉の不調として感じられることがあります。飲酒によって影響を受けやすい臓器は、膵臓、腎臓、肝臓、胃などで、これらの臓器の不調が腰痛として現れることがあります。 ②きつい服を着たり、ハイヒールを履いたりしている 体を締め付けるような下着や洋服は、血行不良の原因となります。補正下着やきつめのジーンズなど腰回りの血の巡りが悪くなるようなものを身につけると、ぎっくり腰になりがちなので気をつけましょう。
ヒールの高い靴を履くと、どうしても体の重心が前に傾きがちです。前に傾いた体のバランスをとろうとして腰やお尻の筋肉が緊張した状態がハイヒールを履いている間ずっと続きます。その結果、腰痛になってしまうのです。
 
ストレスを溜めやすい
『慢性腰痛の治療ガイドライン』によると慢性腰痛の患者の約3分の1が痛みの原因として、強いストレスなどの精神的問題、うつ症状が見られたとの報告があります。ストレスや怒りを感じると自律神経の働きが悪くなります。自律神経の働きが悪くなると、血流が悪くなるため、筋肉が正常に動かなくなったり、自然治癒力が低下したりします。そのことによって、腰痛が引き起こされることがあります。

頭痛に悩んで無駄にしない!!

2019.06.18

頭痛に悩まされ1日を無駄にしていませんか?

 

そこであなたの頭痛のタイプを知りましょう。

 
どこが痛い?
① 頭の片側
② 頭の両側
③ 片側の目の奥
 
どんな痛み?
① ズキンズキンと脈打つように痛む
② 締め付けられるような重い痛み
③ 目の奥がえぐられる様な激しい痛み
 
動くと痛い?
① 痛くて、動きたくない
② 動いて痛みが軽くなる事もあります
③ 痛くてじっとしていられない
 
頭痛の頻度は?
① 週2から、月1程度
② ほぼ毎日のようなペース
③ 1~2カ月間で集中して毎日 {痛むのは1~2時間程度}
 
頭痛以外の症状は?
① 吐き気。音や光に過敏になる。
② 肩や首のこり。めまい。
③ 目の充血。涙が出る。鼻水、鼻づまり。
 

 
頭痛の前触れは?
① ギザギザした光が見えたり、視野の半分が見えにくくなる
② とくにない
③ とくにない
 

 
頭痛のきっかけは?
① 寝不足、寝すぎ、人混み、月経、落ち着いた時(緊張感から解放)
② パソコンによる目の疲れ、長時間による同じ姿勢、精神的ストレス
③ アルコール
 

 
あなたの頭痛タイプは?
① が多いアナタ ====== 片頭痛が疑われます。
② が多いアナタ ====== 緊張型頭痛が疑われます。
③ が多いアナタ ====== 偶発頭痛が疑われます。
 
 そのほかに①と②を併せ持つ===混合型頭痛 というのもあります。
これはただの目安でしかないので、専門の方に正確な診断を受ける事をオススメします。
 

 

 
片頭痛とは?
その名前の通り、頭の片方のこめかみあたりで心臓が脈打つようにひどく痛みます。
頭痛持ちの代名詞的なものになっていますね。
実は日本人の約8%の方が、この片頭痛に悩まされていると言われています。
片頭痛を起こさない為には、血管拡張の原因となる事を避けましょう。
・冷やす
・ストレスをためない
・人混み、騒音を避ける
・アルコール、チョコレートなど、血管を拡張させる作用のある物はとらない
 
緊張型頭痛とは?
肩や首の筋肉の緊張に伴って起きてしまいます
肩こり人口の多い日本人の中では最もポピュラーであり、慢性頭痛の中でも一番多くみられるものですね。
身体と心のストレスが原因となるので、「ストレス頭痛」なんて呼ばれたりもします。
緊張型頭痛の場合、筋肉のコリをほぐしてあげる事が肝心です。
・肉体的にも、精神的にもストレスを溜めないように
・同じ姿勢を長時間続けない(特に前かがみ、うつむきの姿勢に注意)
・パソコンなどを長時間続ける場合は、姿勢を良くして定期的に休憩やストレッチをしましょう。
・高すぎる枕もさけましょう。
 
偶発頭痛とは?
他の頭痛に比べて少なく、偶発地震のようにある期間中に集中して起こることから、そう呼ばれています。
季節性の頭痛とも言われ、季節の変わり目に起こる事が多い頭痛です。
以前は20~30代の男性に多い頭痛でしたが、最近では女性にも増えているそうです。
・少しのアルコールでも頭痛発作が誘発されるので、偶発頭痛の期間中には厳禁とされています。
・喫煙をさけましょう。
・飛行機などによる気圧の変化もさけましょう。
 

そんなあなたの、ツライ頭痛、お任せください!!

「今日は頭が痛くて何もしたくない!」

 

など、頭痛に悩まされて1日を無駄にしたことはありませんか?

一番多いと言われる緊張型頭痛は、首やかたのこりによって頭の膜(頭皮)が硬くなることから頭痛を引き起こされているのです。

その原因となっている、首や肩のこりをほぐしてから、行うヘッドマッサージで頭皮もしっかりほぐす事で改善されていきます。

ほっと整体整骨院のヘッドマッサージは、頭だけではなくフェイスラインなども施術させて頂いております。

目元が辛かったのも軽くなったと言って頂いてます。

是非ともこんな頭痛などにお悩まされの方にお勧めでございます。

姿勢で出た痛みが改善する!?

2019.06.04

 

姿勢の歪みで出てしまった痛みが改善されます!!!!

 

腰痛や坐骨神経などは、姿勢が悪い事から起こってしまいます。

悪い姿勢の人とは身体の中心にある背骨が歪んでいるからなんです。

慢性的な腰痛に悩まされるのかどうかは普段の姿勢によって決まってしまう事を知っているでしょうか?

壁を背にして立った時に、壁と腰の間に手が入ってしまうのが腰に負担のかかり易い

「反り腰」といいます。

腹筋など身体の前側の筋肉と、姿勢を支えるべき身体の後ろ側の筋肉のバランスの崩れが原因になり、腰痛が引き起こされてしまいます。

ズバリその解決方法と言えば、固まってしまった筋肉をほぐし、筋肉を鍛える事です。

腰がしっかり伸びれば

⦿姿勢が良くなる

⦿猫背が解消される

⦿痛みがなくなる

⦿身体のラインも良くなる

・・・と、いいことずくめなんです。

 

腰痛の症状とは様々なものがありますね。

○ズキズキ痛む

○ズーンと鈍く痛む

○長時間座っていると痛む、けどうごかしていると楽になる

などなど、波がある場合もありますね。

 

ちなみに骨盤が前傾している人は腰痛になり易いのです。

慢性腰痛のある人のほとんどが、腸腰筋が硬直していて、姿勢を保つのに大事な

身体の後ろ側の筋肉が衰えてしまい、贅肉なども気になるようになってきます。

もともと人の身体というのは前側に重みが偏っている状態にあります。

厚い胸郭や内臓などもそうですね。

身体の軸となる背骨は身体のぎりぎり後ろ側にあります。

ですから、普通に立つだけでも前方に倒れようとする力に抵抗しなければいけません。

ですから、姿勢を保つための筋肉【主要姿勢筋】というのは後ろ側にあるんです。

・頭を支える頸部筋

・背骨を支える脊柱起立筋

・もも裏にある、大腿二頭筋

・足首を動かすヒラメ筋

身体の後ろ側にある、この筋肉たちがきちんと働いている人は、キレイに立つことが出来るんです。

 

その主要筋がうまく働いていない人はどうなるのか。

前に倒れようとする力に負けてしまいます。

もも裏から骨盤の後ろに繋がる大腿二頭筋が弱い為に骨盤は前に傾いてきてしまいます。

ですから、身体が前に倒れてしまわないようにバランスを取ろうとします。

ちょうど腰のあたりで反ってしまうのが「反り腰」ということです。

つまり、骨盤の位置を基に戻してあげれば改善されるという事なんです。

もちろん、主要紙性筋などを鍛えることを忘れてはいけません。

いろんなストレッチや腹筋方法など、あなたにあった改善方法が必要です。

 

当院では、まずは患者様の姿勢の歪みを診させて頂きます。

どのように歪みが出ているのか、あなたの姿勢を確認してみましょう。

そして、説明をさせて頂いてから治療を行っていきます。

しっかりほぐした後は骨盤矯正をします。

堺市堺区 ほっと整体整骨院
歪みを治してキレイな姿勢を手に入れよう!

 

特別な専用のベッドにて行う為、痛みもなく歪みが改善されるのです。

ぜひともお試しあれ!!!!!!!

めまいは首の歪みから?

2019.05.28

めまいとは誰にでも起こりうるものですが、実はそのほとんどが原因不明であることをご存知でしょうか?

中にはひどい眩暈や、吐き気を及ぼされる方もおられますね。

納戸も繰り返してしまう人もいます。

いつおこるのか不安で外出を控えると言う方もいるくらいです。

ですが、耳や脳の検査などをしてもらっても異常がないと言われる事が多いのも事実です。

原因には耳や脳、それとは別の病気に関連している場合や、ストレスや不規則な生活習慣などの場合もあります。
めまいの特徴

○グルグル目が回る (回転性めまい)

自分や周辺がグルグル回っている感じがする。

ふらついてしまい真っ直ぐ立っていたり歩くことが出来なくなってしまうなど、その場で座り込んでしまう事などもあります。

 

○ふわふわする (動揺性めまい)

頭がふわふわとしてまるで雲の上に乗っているような感じがします。

立っている事や、歩いたりすることが出来ます。

 

○ふらふらする (平衡失調性めまい)

身体の平衡感覚が取りにくく、歩行中でも左右にふらふらします。

このめまいの症状は座っていても起こる事があります。

 

○視野が狭くなる・目の前が暗くなる (立ちくらみ)

立ち上がる時や、長時間立っていたりすると、視野が狭くなってしまい目の目が暗くなってしまいます。

このような立ちくらみもめまいの一種と考えられたりしているのです。

肩こりや首のコリからもめまいの原因なんです。

ほっと整体整骨院レントゲン
首の歪みからめまいになる

 

背骨や骨盤の歪みがあると身体のバランスが取りにくくなってしまい、平衡失調などが起こり易くなるんです。

そのままにしてしまうと、脳が間違った情報を記憶してしまい、めまいを起こす原因になる可能性があるのです。
めまいを治すには、身体の歪みを正さなければいけません。
背骨や骨盤の歪みで目の動きが偏って来るからです。
目が身体の傾きを調整しようとして眼振が起こってしまいます。
その時にめまいが生じてしまうにです。
背骨と、骨盤の歪みは頭蓋骨の筋肉にも影響を与えるんです。
頭蓋骨の筋肉が歪むと、耳に関わる側頭骨や顎関節にも歪みを引き起こしてしまったりするのです。
身体の歪みを調整する事で、内耳の血流やリンパの流れが良くなり、めまいが改善されていきます。
めまいの、予防や対策

⦿お風呂から急に出るのはやめましょう。

⦿疲れを感じたらゆっくり休みましょう。

⦿悩みがストレスになるため、誰かに相談しましょう。

⦿就寝時間、起床時間をきめましょう。

⦿朝食をしっかりとりましょう。

⦿焦らずゆっくり、心にゆとりを持ちましょう。

⦿軽い運動や、ストレッチで三半規管を調整しましょう。

⦿コーヒーや、緑茶などのカフェインを控えましょう。

⦿首をゆっくり前後左右に動かしましょう。

 

堺市堺区南海本線湊駅より徒歩一分

ほっと整体整骨院

外反母趾から歪みが出る!?

2019.05.14

外反母趾でお悩みの方はとても多いと思いますが

その中でも典型的な症状というのが、靴を履いた時の痛みではないでしょうか。

親指のくの字のような角度が強くなればなるほどに関節に痛みが出てきます。

日常生活で履いている靴の外側がすり減っている方は外側重心になってしまっているので要注意です。

実は外反母趾の9割以上が外側重心になっているために、体までも歪みが出てしまうのです。

 
外反母趾で関節の痛みや歪みが出る!!!
外反母趾になると親指を使えず歩行のバランスが崩れてしまうため膝や股関節、腰などにも影響を及ぼしてしまい、身体に歪みが出てしまうのです。
痛みが少ないからといって外反母趾をほったらかしにしてしまうと、指の変形が進んでしまい、身体の歪みも慢性化してしまう事が多く見られています。
外反母趾が当たり前な身体になってしまうと、骨格・骨盤の歪みも定着したままになってしまうため、要注意です!!
外反母趾を放置して症状がひどくなると、歩く事さえもなってしまう可能性があるのです。
ですから早めの対処がとても大事になるのです。
 
外反母趾の痛みの軽減法
サイズの合った靴を履こう
小さくて足の指が窮屈にまがってしまうパンプスなどだけではなく、実はサイズの大きすぎるガバガバな靴も外反母趾にはよろしくはないです。
指先に余裕があると楽そうなイメージになりますが大きすぎると指の広がりを抑える事が出来ない為、中速骨部分が開いて親指が人差し指側の方へ傾いてしまうのです。
靴の中で指が動かせる程度のゆとりがあり、ヒールは幅のある高さ2・3㎝くらいでソフトな素材の物やクッション性の高いものが良いとされています。
紐を締めて履いた時に全ての指が動かせるのが良く、かかとをしっかり包んで支えてくれるものを選びましょう。
そして、裸足でいる時間を長くすると、痛みが軽減されるようです。
 
歩行時に指先を使う!!

外反母趾の原因として、指先を使わずに歩いているという事があります。

踏み出す時にかかと、つま先が同時に着地するようなペタペタ歩きは外反母趾には良くないと言われています。
指先をつ合うには、かかとから着地して最後に親指と人差し指に重心がかかるようにし、つま先で地面を押し出すように歩くと良いですね。
ただ単に地面を踏みしめるだけではなく、指先を使うようにしっかり意識してみましょう。

 
ストレッチで指の筋力をつけよう!!

指まで柔軟に動かせるように足の裏や、指の筋力をつけるのが外反母趾の予防や改善に繋がります。

簡単に足の指の間を広げるように筋肉をほぐしていく感じでマッサージするのも良いですね。
親指と人差し指の間は骨に沿って甲の方までやるのがポイントです。
座った状態で足元にタオルを置き、指だけでタオルを手繰り寄せる「タオルギャザー」というのもオススメです。

少しずつ端から指の力だけでタオルを手繰り寄せるのを何度か繰り返してみましょう。
足の指を使ってグー・チョキ・パーの動作をするのも効果的なんですよ。
とても簡単に出来るものなので是非ともお試しくださいな。

ほっと整体整骨院ではあたなにあった治療やストレッチなどをご提案させていただいております。

何か気になる事があればいつでもご相談くださいね。

 

堺区堺市 ほっと整体整骨院
堺市堺区出島町2-5-5アーバン湊1F 南海本線湊駅から徒歩1分

脇の下に痛みが出る原因!!

2019.04.16

脇の下なんて、こったり、痛みが出るの?

なんて思う人も多いと思います。

ですが、実は肩のコリなどに、とても影響があるんですよ。

例えば、デスクワークが多い人はもちろん。

パソコンや、スマホなどをよく使う人。

姿勢が悪くて猫背な人。

鞄をいつもどちらか片方でしか持たない人。

腕を上にあげる習慣がない人など。

こんな癖がある人は脇の筋肉が硬くなってしまい、痛みが出やすくなるんです。

脇の下の筋肉は肩こりが起こしている筋肉の反対側にあります。

脇の下の前側の筋肉は大胸筋と言って、肩こりを起こしている背中側の筋肉の拮抗筋になります。

脇の下の肋骨側は、前鋸筋といって、肩甲骨の内側にから肩甲骨を前に出す筋肉です。

肩甲骨のちょうど裏側にあります。

脇の下の背中側の筋肉は、大円筋、小円筋、肩甲下筋などで、肩甲骨の外側から腕にいく筋肉です。

肩凝りを自覚する筋肉は、肩甲骨の上側にある肩甲挙筋、僧帽筋とかですが、この肩甲骨の反対側の筋肉が緩んでいないと、肩甲骨の動きに制限がかかってしまい、肩こりになり易くなります。

そのために脇の下の筋肉を緩める事は肩こり解消にとても大切な事なんです。

 

脇のこりを改善すると痩せる?

脇の下はリンパが集中するリンパ節がある部分でもあります。

そのリンパの流れが悪いと、疲労物質た老廃物が溜まり身体に悪影響を及ぼします。

脇コリ解消のためのマッサージやストレッチは、リンパの流れも良くしてくれるため、ダイエットなどにも効果的と言われています。

 

脇のコリを解消して肩こりも解消しよう!!

脇のコリの解消には肩甲骨を意識的に動かす事が大変大事になります。

デスクワークのようにずっと同じ体勢で仕事をしなければならない方も、気付いたら肩を回したり

いわゆる背中の「天使に羽」と言われるところを、閉じたり開いたりといった、動作を繰り返し行ってみましょう。

そして、脇の下を直接的にマッサージすることも大切です。

お風呂上りや、身体を温めてから、脇の下を4本の指で押さえてみましょう。

目安は痛気持ちいい位が丁度良いとされています。

 

肩こりに悩んでいる人も、肩だけではなく、その周りの筋肉なども、気にしてみるのも、解決への一歩にんるかもしれませんよ。

もちろん、毎日のセルフケアも大事ではありますが、本格的に改善したい!と言う場合には

堺市堺区 南海本線湊駅からすぐの

ほっと整体整骨院までいつでもご相談下さいね。

 

当院では、治療はもちろんの事では、ありますがその他にも自費マッサージの

フットマッサージや、ヘッドマッサージ、ハンドマッサージなどもございます。

sakaisisakaiku hottoseitaiseikotuin huttomassaji
大人気のすっきり爽快フットマッサージ!!

お得に使える制度などもあります。

 様々なニーズに答えられるようになっています。

 詳しくはスタッフまでお尋ねくださいね。

 

1 2 3 4 5 6 33

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒590-0834
大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線湊駅から徒歩1分

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

LINEアカウント

お友達追加して頂くと、、、 直接ご予約を取ったり、気になる事があればいつでもメッセージを送る事ができます。 また、お得なクーポンやイベントも配信しております!

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
もみほぐし
鍼灸治療
往診
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
ほっと整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
求人情報
WEB限定メニュー
ほっと整体整骨院院内案内
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ほっと整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒590-0834
    大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00~12:00, 14:00~19:00
    土 9:00~14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線湊駅から徒歩1分

pagetop