ほっと整体整骨院トップページ > 筋肉と関節の専門家ブログ

筋肉と関節の専門家ブログ

ぎっくり腰の治療法

2020.11.17

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰は、ヨーロッパでは「魔女の一撃」と呼ばれるくらい突然腰に痛みが出る症状です。
ほとんどの場合、全く動けなくなるくらいの痛みで、数日間ベッドの上で安静などということにもなります。
ぎっくり腰になると、ある動きの中で突然起きる腰痛により、動けなくなることをぎっくり腰と言いますが、急性腰痛というのが正式名称です。

まず、ぎっくり腰はどのような病気か説明します。背骨には、筋肉や椎間板、靭帯、筋膜などさまざまな組織があり、それらのどこかに障害が出た時に現れるとされているのが、ぎっくり腰です。
アメリカでは、腰痛を持っている人は全体の15〜20%とも言われており、さらに45歳以下の人で仕事ができなくなる理由のひとつとして腰痛が最も多いことが知られています。日本でもぎっくり腰による就業不能者が多くいることから、近年その痛みの原因や治療法が注目されています。

ぎっくり腰の多くは、重いものを持とうとして体を前にかがめたり、腰をひねったりした場合に生じます。
重いものを持とうと体を前にかがめようとすると、前に倒れないように背中の筋肉や靭帯で体を止めようとします。その時、急に筋肉が収縮したり、神経が引っ張られることでぎっくり腰になります。もちろん、ふとした瞬間でも起きうるもので、例えば、洗面台で歯磨きを取ろうと少しお辞儀をしたような姿勢になった場合、トイレで立とうとした場合、靴を履こうとした時、僕自身の場合はくしゃみをした時になってしまいました。

などなどぎっくり腰を起こすきっかけは様々なのです。

もし、ぎっくり腰になったらまず何をすれば良いのでしょうか?

ぎっくり腰は安静にしていた方がいいの??

ひと昔前までは、ぎっくり腰になったら痛みが完全に治るまでずっと安静にしていなさい、ということが言われていました。しかし近年の研究から、「科学的根拠(Evidence Based medicine; EBM)に基づいた腰痛診療のガイドラインの策定に関する研究」では次のような記載があります。

下肢痛の有無に関わらず、急性または再発性腰痛に対して、2〜7日の安静臥床は、プラセーボまたは通常活動よりも悪化させる可能性が高い。
長期安静臥床は、筋肉の衰弱、腰痛の慢性化、リハビリの支障につながることがある

 

ぎっくり腰になったら冷やす?温める?

ぎっくり腰になったら、どのような対象法・治療法が有効なのでしょうか?
普通、腰痛になると必ずと言っていいほど、「温めるか、冷やすか」ですが、急性腰痛症においては、どちらも効果に関する明確な根拠はありません。炎症があるうちは冷やした方が良いという考えがありますが、今のところぎっくり腰には、はっきりと「どちらが良い」と言えない現状があります。

 

効果的な治療法はあるの?

一般的には解熱鎮痛薬であるNSAIDsやアセトアミノフェン、筋弛緩薬などいわゆる湿布薬が腰痛の軽減に有効であるといわれています。また、マニュピレーション(筋肉や関節を治療するために行われる手技療法)をぎっくり腰を発症してから6週間以内に行うことで短期間的に改善され再発防止にも繋がると報告されています。

ぎっくり腰になりやすい人の特徴

2020.11.06

ぎっくり腰はなぜ痛いのか??

ぎっくり腰はなぜ痛いのか??。
その理由のひとつは、腰を支える靭帯や筋肉に急に負担がかかり、断裂や炎症を起こし、それが神経を刺激するためです。ちょうど強い捻挫を起こしたのと同じ状態なので、別名、腰の捻挫ともいわれます。
しかし、痛みの原因はそれだけでなく、腰の中央に連なる椎骨の関節とその周りの関節包、さらに椎間板などが傷つき、神経を圧迫することからも起こります。
人によって、また原因によっても異なりますが、こうした痛みが重なることで、強い痛みになるのです。
中高年の場合には、加齢や運動不足のために腰を支える筋肉が弱くなり、腹筋と背筋のバランスが乱れていることがあります。また、椎骨の関節や椎間板が変形し、いわゆる椎間板ヘルニアなどを起こしている場合もあります。こうしたケースでは、ぎっくり腰を起こすと症状もひどくなりがちなので、とくに注意する必要があります。

ぎっくり腰は何気ない動作でも起こります

ぎっくり腰の痛みは、辛く経験者でなけれは分からないほどです。
ほとんどの人は激痛に顔をしかめ、その場で横になったまま動けないほど。何の前ぶれもなく突然起こるので、ヨーロッパではぎっくり腰を「魔女の一撃」といいます。
一般にぎっくり腰は、重いものを持ち上げたときに起こりやすいといわれますが、咳やくしゃみをしたり、ベッドや布団から上半身を起こそうとした時、顔を洗う際上半身を倒した時、椅子に腰かけて横や後ろのものを取ろうと捻じったり倒したりした時、ゴルフや野球の素振りを軽くした時など、さまざまなケースがあります。日常の何げない動作をしたときに、誰にでも起こりうるものなのです。
ぎっくり腰は従来、急性の一時的な腰痛と思われていました。ところが適切な手当てをせず長引かせてしまうと、慢性の腰痛に進むケースが少なくありません。特に中高年の場合には、しっかりケアをしないと再発しやすい傾向もみられます。さらにぎっくり腰をきっかけに、ほかの病気が発見されることもあるのです。
それだけに、ぎっくり腰を起こしたときの対策や再発を含めた予防について、きちんと知っておくことが大切です。

産後に必要なこと

2020.06.19

産後、ママの身体は赤ちゃんを育てるための準備をすぐに始めます。
体調は不安定になりますので、1ヶ月くらいは赤ちゃんのお世話で忙しくなりがちですが、周囲の協力を得たり、便利なアイテムを使ったりして、できる限り無理はしないように過ごすことを心がけましょう。
また、妊娠中に増えた体重は産後すぐに戻りません。だからといって、過激な食事制限や激しい運動などのダイエットをすると授乳中の赤ちゃんに悪影響になるので控えましょう。1~2ヶ月ほどかけて、ゆっくりと体型を戻していくことが大切です。

産後のダイエット

産後は「ぽっこりお腹」が気になって、「早く痩せたい!」というママも、、、
出産後は、子宮が大きい状態なので「お腹ぽっこり」に見える場合があります。産後6~8週間かけて子宮がもとの状態に回復していくのを待ちましょう。
産後1ヶ月間はできるだけ安静にしましょう。1ヶ月検診後、お医者さんから「順調に回復していますね」とOKをもらったら、軽い運動から始めていきましょう。

骨盤の歪み

そもそも骨盤が歪むとはどういった症状なのでしょうか。
骨盤には正しい位置があり、その正しい位置に骨盤がないと身体のいたるところに不具合が生じてくるのです。
骨盤は身体の重要部位です。上半身と下半身をつなぐ部分であり、内臓を受けています。また、骨は男性と女性では形状が異なり、女性の骨盤は横幅が広く柔軟性に優れた作りになっています。それは、赤ちゃんをお腹の中で育てられるようにするためなのですが、柔軟性に優れている事で逆に、骨盤の歪みも起こりやすくなっています。ですので、男性より女性の方が骨盤が歪みやすくなっています。

産後に見られる症状

・肩こり
・腰痛
・むくみ
・下半身太り
これらの症状は骨盤の歪みが原因で起こります。とくに下半身太りでお悩みのママが多いですね。

ほっと整体整骨院では、骨盤の歪みの調整を中心に施術をさせて頂いております。
骨盤矯正を初めてされる方は、「ボキボキ」、「ポキポキ」関節を鳴らされるイメージがあり、恐怖や不安があると聞きますが、当院で行う矯正にはそのように「ボキボキ」や「ポキポキ」鳴らすようなことはありませんのでご安心くださいね。また、出産後すぐに治療を行うのは忙しく時間が無いので簡単なことではありません。ほっと整体整骨院では、ほかの整骨院にはほとんどない『座敷』があります。治療用ベッドより大きいので赤ちゃんも一緒に横になることができ、安心して治療、骨盤矯正を受けて頂けるかと思います。

産後の骨盤矯正っていつやるのがいいの?

2020.05.22

来院されている患者様の中には、産後の骨盤矯正についてよく聞かれる方が多いです。

一番多い質問は

「出産後、骨盤矯正ってした方がいいですか?」

です。

もちろんした方がいいです。

なぜ骨盤が歪むのかというと、
妊娠出産時に赤ちゃんが出やすいように骨盤を緩めるホルモン(エストロゲン、プロゲステロン、リラキシン)が分泌されるからです。
このホルモンの影響で出産前から姿勢が不安定になるので骨盤が歪むのは当然ですよね

また、出産後に骨盤矯正を受けられるほど余裕も無いと患者様はおっしゃっています。
その通りで、自身の身体より赤ちゃんを優先するのはお母さんにとって当たり前ですもんね

骨盤が歪んだままだとどうなるのか?
  1. 疲れやすくなる
  2. 下半身太りに見える
  3. 自律神経が乱れやすい
  4. 睡眠の質が下がる
  5. 腰痛、肩こりが多くなる
  6. 尿漏れになりやすい

昔に比べて、近年骨盤矯正をする方は増えてきていますが、出産後休む間もなく、育児が始まります。
オムツの交換や抱っこなどによって、身体は悲鳴をあげ、精神的なストレスも溜まってしまいます。
唯一の休養時間である睡眠も、授乳や夜泣きなどで十分に取れないことで痛みや疲れは積み重なる一方です。
なのでなかなか治療や骨盤矯正を気軽に受けれないですよね、、、

出産時にお母さんが受ける体のダメージは、交通事故と同等と言われています。

ほっと整体整骨院ではそんなお母さんの味方になれるよう次の事を行っています。
①ベビーカーに乗せたままでも安心して施術を受けて頂けます
②堺市内で唯一、施術が座敷で出来るので赤ちゃんを隣に寝かせたまま施術を受けて頂けます
③矯正専用のベッドを使い安心安全の骨盤矯正が受けられます

忙しいと思いますが赤ちゃんの為にも、自身の為にも一度ご相談くださいね

産後の骨盤矯正を受けるタイミングっていつがいいの?

産後の骨盤矯正を受けていただきたいタイミングはおおよそ、産後1か月頃が目安です。

出産直後は出血などもあり、身体にかなりのダメージや傷が残っている状態なのでそれらが落ち着いた頃に受けて頂きたいのと、産後1か月頃はまだ関節も緩んでいるので元に戻しやすい時期なので約1か月頃がベストです。

「じゃあ、出産から半年以上過ぎているから骨盤矯正の効果は無いの?」と思う方はいてるはずです。
しかし、その様なことはありません。
確かに、産後1か月の方と比べたら安定するまでの期に差はありますが、しっかりと骨盤矯正を受けていただければ骨盤はきちんと元に戻ります。

兄妹が欲しいしまた歪んでしまうから骨盤矯正しても意味がないんじゃない?

この様に考えている方は非常に多いのですが、この考えは間違っています。
2人目、3人目と兄妹を考えておられるのであれば、なおさら、1人目の出産後から骨盤を元に戻すことを推奨します。
本来、1人目から骨盤の歪みを正すことをオススメします。
なぜ1人目の妊娠前・出産後に骨盤を戻した方がいいのか説明させていただくと、赤ちゃんの成長する所は『子宮』でその子宮は骨盤に吊られた状態になっており、骨盤が歪んだままだと子宮が引っ張られたり、捻じられる事で母体と子宮との血液循環等が正常に行われない可能性があり、赤ちゃんにとっては大きなダメージになり得る可能性があるからです。

その為、2人目3人目という前に1人目から骨盤矯正を行い元気いっぱいの赤ちゃんを産めるようにしていきませんか?

肩甲骨の重要性

2020.03.17

肩こりは肩甲骨から??

肩甲骨の間にある筋肉がうまく使えていないと、体幹の動きが制限されてしまい肩こりや猫背の原因になります。
肩こり、猫背を治す為には、肩甲骨を脊柱(真ん中)方向に引き寄せられるように、肩甲骨まわりの筋肉の筋緊張を解消する事が必要です。
肩や背中をマッサージなどで揉んでもらっても、コリがその時だけしか解消しない人は多いはずです。
肩こりの根本的な原因は、肩甲骨が外側に開いたままになると動きが悪くなり、肩甲骨まわりの筋肉が硬くなってしまいます。肩甲骨を背骨に引き寄せる働きを持つのが深部にある菱形筋という筋肉で、この筋肉が上手く働かないと表層にある僧帽筋が代わりに働くことで負担がかかり肩こりになってしまいます。

深部にある菱形筋が上手く機能しなかったら肩甲骨が左右に開き肩が前方に出てしまい背中が丸くなり猫背になります。また、姿勢も悪くなりやすく体幹が上手く使えなくなり他の筋肉の負担が大きくなってしまう為に身体が疲れやすくなることもあります。

肩甲骨と呼吸

ヒトは意識的、無意識のうちに呼吸を行っていますが、この「呼吸」と「肩甲骨」と関係があるのはご存知でしょうか??
肩甲骨は自身の肉眼では確認する事が難しく見ることができないため意識しにくくなっています。
肩甲骨の動きが悪くなると肺を覆っている肋骨の動きが制限されてしまい肺の活動量が制限されてしまいます。
肺は空気中の酸素を取り込み細胞を活性化させることでヒトが生きる事ができますが、この機能が低下すると動くことが満足に出来なくなってしまいます。

肩甲骨剥がしが1番!
身体が左右非対称に歪み、肩甲骨も左右で高さがズレてしまっている場合があります。肩甲骨周りに影響を及ぼすのは、身体的な癖だけではありません。心的ストレスが溜まってくると、肩が内側に入り背中が丸まってしまうため肩甲骨が8の字に広がって胸の中心が閉じている状態になってしまいます。この姿勢が長く続くと呼吸も浅くなり内臓が圧迫されるため、胃腸の不調や便秘を起こしやすくなります。このように歪みが生じた状態で肩甲骨周辺の筋肉が硬直すると、肩周りの動きが悪くなって肩こりや頭痛を招き、ひどくなると耳鳴りやめまい、さらに悪化すれば自律神経失調症を引き起こす可能性もあります。
背中に張り付いた肩甲骨を柔らかくするには、まず、肩甲骨周りの筋肉の過緊張を「肩甲骨剥がし」でゆるめてあげることが大切です。肩甲骨周りの筋肉がほぐれると、肩や胸がスッと開いて姿勢が良くなります。また血行が改善する為、代謝が良くなり、顔色も明るくなる事があります。 

どうして腰が痛くなるのか?

2020.03.04

なぜ、腰が痛くなるのか?

日本人の多くの人が「腰痛」を持っていると言われています。
ただ、腰痛と言っても腰の痛みは多岐に渡り「腰痛」は総称にすぎません。
腰痛の約85%は、レントゲン検査やMRIなどの検査をしても、どこが痛みの原因なのか特定しきれない「非特異的腰痛」で腰痛症とも言われます。
長時間の中腰などの姿勢を続け、腰や背中の筋肉が緊張し続けたときや、運動不足で腰を支える筋力が弱っているときなどに腰痛は起こります。寒さで筋肉が硬直する冬も神経が刺激されて痛みが起こりやすくなります。通常は、セルフケアをしていれば短期間で軽くなりますが、ストレスなどの心理的要因や休養が十分に取れていない場合があると症状が長期化することもあります。
急性の腰痛であるいわゆるぎっくり腰も非特異的腰痛に含まれます。急に無理な動作をしたときなどに起こる腰の組織のけがで、ねんざや、椎間板、腱、靭帯などの損傷が多いと考えられていますが、厳密にどの部分が傷んでいるのかを断定するのは難しくなります。
①筋肉の痛み
②上記以外(内臓など)
大きく分けると2パターンに分ける事が出来ます。
②では、腫瘍(脊椎腫瘍、脊髄腫瘍)、脊椎感染症(化膿性脊椎炎、脊椎カリエス)、外傷(腰椎骨折、脱臼)、変形性股関節症、泌尿器の病気、婦人科の病気、胆嚢、十二指腸、膵臓など消化器の病気、解離性大動脈瘤など血管の病気、統合失調など心因性の病気などが挙げられます。
これらは整骨院で治療する事が出来ませんが症状の見極めが出来れば早期発見につながるものです(骨折などは医師の同意があれば施術可能です)。

腰が痛くなるメカニズム

ヒトは二足歩行に進化した生物で四足歩行の生物では構造が違ってきます。
四足で歩く動物とは異なり、二足歩行をするように進化したヒトでは、背骨に重力により頭の上から足先への垂直方向の力が強くかかってきます。ヒトの背骨の中でも腰部には大きな力がかかってくる為、腰痛は二足歩行に進化した人間特有の症状と言えるでしょう。
重力による垂直方向の力を分散するために、ヒトの背骨はゆるやかなS字カーブを描くように並んでいます。さらに腹圧が腰椎を支えています。また、背骨と背骨の間のクッションとなる椎間板や腰を支える筋肉が、姿勢をサポートしています。このような姿勢を保つメカニズムが乱れたりすると、腰痛を発症するのです。

女性特有の腰痛とは?

生理痛が強いと下腹部痛だけでなく腰痛を伴う場合があります。
妊娠中は大きくなったおなかを支えようとに体の重心が変わり、上体を反らせる姿勢になることが多いため、腰痛が起こりやすくなります。また子宮が大きくなり、骨盤の周りの筋肉が引っ張られることが腰痛の原因になることがあります。
また、男性と比べると女性の方が筋力が弱い為同じことを行っても女性の方が筋肉を傷めやすくなっています。

ほっと整体整骨院ではこんなことをします!

他の整骨院では行っている事が少ない【姿勢分析】を来院された患者様に行っております。
姿勢分析とは、患者様一人ひとりの姿勢の写真を①後ろ姿②側面の2枚撮影します。

姿勢分析写真(後ろ向き)
姿勢分析写真(横向き)

その撮影した写真を使いどこが歪み、どこに負担がかかり易いかの分析を患者様と行います。
そのあと歪みを改善する施術を行います。
意外と自分の身体の歪みにビックリされる方が多いですよ!

気になった方は是非ご相談下さいね(^^)/

姿勢分析を受けてみませんか?

2020.02.22

堺市堺区にあるほっと整体整骨院では初診の患者様へ姿勢分析の写真を後方、側面の2方向から撮ってどこに負担がかかり痛みがなぜ出ているのかの分析をさせて頂いております。
普段の何気ない姿勢が患者様の抱える問題となっている事がほとんどなのでご自身の姿勢を客観的に見ると「こんなに歪んでるの~!?」と言ったお声を頂きます。

姿勢分析写真(後ろ向き)
姿勢分析写真(横向き)

この写真の様に少しだけ歪んでる方や見るからに歪んでる方など10人居てれば10通りあります。
患者様に「普段どんなことをしていますか?」と聞いても、「特になんもしてない」と言った返答が多いですが、何もしていなくて身体が痛くなることは絶対にありません。

よく聞いてみると、負担のかかる事ばかり、、、

その患者様にとっては普段通りの何気ない事でも、それが歪みの原因になり痛みを発しているのです。

自宅でケガをする確率が外出よりも高いのはご存知ですか?

外出中はどんなハプニングがあるか分からない為、無意識に注意をしています。
ですが、自宅では居慣れた空間なので気持ちもダラ~ってなってしまいますよね?
そんな時にケガをするリスクが高くなるのです。
また、同じ空間を行ったり来たりするので自宅での生活リズムはほぼ一定になりそれが身体の歪みの原因になってしまっているのです。
例を挙げると、同じテーブルで同じ位置で、テレビを見るとしたら同じ首の回った角度で見ている訳ですから歪むのは必然になってきますよね?
この生活リズムはなかなか変える事が出来ないのが現状です、、、
毎日毎日、模様替えをしている家庭なんてありませんよね?

ほとんど毎日同じリズムで生活しているので同じ筋肉に負担がかかってしまい筋緊張が強くなり炎症反応が起こり痛みが出てしまうのです。

そうならない為にも一人ひとりの姿勢分析を行いその方に合った施術を提案させて頂きます。
また、生活リズムの方も少しずつ改善できるアドバイスも姿勢分析をを行えば見えてきますので自分の姿勢が気になる方や、このブログを読んでみて姿勢分析を受けたくなった方は公式LINEの方からご連絡をお待ちしております!!

1 2 3 4 5 6 10

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒590-0834
大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線湊駅から徒歩1分

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

LINEアカウント

お友達追加して頂くと、、、 直接ご予約を取ったり、気になる事があればいつでもメッセージを送る事ができます。 また、お得なクーポンやイベントも配信しております!

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
もみほぐし
鍼灸治療
往診
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
ほっと整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
求人情報
WEB限定メニュー
ほっと整体整骨院院内案内
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ほっと整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒590-0834
    大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線湊駅から徒歩1分

pagetop