ほっと整体整骨院トップページ > ほっと整体整骨院通信 > 肩関節の痛み

肩関節の痛み

2021.02.23

肩関節って何個?

肩関節と股関節は人体では珍しく様々な方向に動かすことができる関節です。その為、肩の部分には何個かの関節がありそれぞれが少しずつ関係し動いているのです。

ですので個人によって肩に痛みが出る場所が違ってくるのです。

肩を大きく4つに分けてみましょう

●肩甲上腕関節
名前の通り肩甲骨と上腕骨で形成される関節でいわゆる肩関節で、人体に存在する関節の中で一番多くの動きをするため痛みが出やすいです関節です。

●肩鎖関節
肩甲骨から出ている肩峰と鎖骨で形成する関節で意外と見落としがちな関節です。

●肩峰下滑液包
関節ではないですが肩峰の下に少し隙間がありそこに腱板が走っており、それをスムーズに動かす為に滑液が入った袋があります。

●肩関節と首(肩甲骨と頸椎)
これも関節ではないのですがご存知の通り首はいろいろな方向へ動く為に多くの筋肉が存在します。その筋肉が緊張を起こすことで痛みや怠さが出てきます。

↑上記のように【肩】を構成しているのは1つでないことがお分かりいただけましたか?

肩関節周囲の痛み

肩関節の痛みで一番多いのが肩関節の周囲の痛みです。
細かく言えば、肩甲上腕関節の周囲の痛みです。痛みが発生する場所が中でも外でもある為、完全に区別することは難しいことがあります。

肩峰下滑液包の痛みも入ります。

ここの痛みの原因は多岐に渡りますが、関節包と腱板がキーポイントになります。

関節包が炎症を起こし分厚くなって痛みが出る事を『四十肩』『五十肩』と呼ばれます。
また、腱板が炎症すれば『腱板炎』、腱板が損傷すれば『腱板損傷』『腱板断裂』と診断されます。腱板に石灰・カルシウムが沈着すれば『石灰性腱炎』と診断されます。
肩関節前面の痛みでは上腕二頭筋(力こぶの部分)の長頭部分が関節の中に入り込み痛む『上腕二頭筋長頭腱炎』と診断されます。

肩関節の少し上の方が痛む

肩関節より上ということで、肩鎖関節部分の痛みだと考えられます。
痛みといっても様々で、炎症が起こっている場合『肩鎖関節炎』、軟骨がすり減っている場合『変形性肩鎖関節症』、脱臼してしまった場合『肩鎖関節脱臼』、鎖骨の先端が骨折してしまった場合『鎖骨遠位端骨折』などの診断名が付けられます。

首から肩にかけての痛み

肩関節の痛みではなく、肩から首にかけての広い範囲での痛みは背部で一番大きな筋肉の『僧帽筋』が関係している事が多いです。
僧帽筋は首から背中、肩関節の三角形状に連なっており広い範囲で痛みが出ます。また、僧帽筋の下には肩甲挙筋、菱形筋なども存在し首を動かす動作、肩を動かす動作など様々な運動に関与します。
俗にいう『肩こり』『寝違え』もこの僧帽筋に緊張が原因で起こしている可能性が高いでしょう。
注意が必要なのは、『頸椎ヘルニア』の可能性もあるので専門的な所で検査するのもいいでしょう。

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒590-0834
大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線湊駅から徒歩1分

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

LINEアカウント

お友達追加して頂くと、、、 直接ご予約を取ったり、気になる事があればいつでもメッセージを送る事ができます。 また、お得なクーポンやイベントも配信しております!

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
もみほぐし
鍼灸治療
往診
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
ほっと整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
求人情報
WEB限定メニュー
ほっと整体整骨院院内案内
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ほっと整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒590-0834
    大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線湊駅から徒歩1分

pagetop