ほっと整体整骨院トップページ > ほっと整体整骨院通信 > 現在のお灸と昔のお灸

現在のお灸と昔のお灸

2020.05.15

みなさんは『お灸』と聞いて、どんな事をまず思い浮かぶでしょうか??

当院の患者様の声で一番多かったのが、、、

「熱そう」

「ヤケドしそう」

「悪いことしたら据えられる」

と言う言葉が多かったです。

たしかに昔のお灸は肌に直接置いて火を点けるので熱かったと思います。

今回は、昔使われていたお灸と現在使われているお灸の違いについて少しご紹介していきますね(^^)/

 

古代のお灸

中国の古代文献によると、お灸は今から約2千年前、北方民族の独特の医療として生まれ、やがてインドに渡り仏教医学として研究発達して来たと言われています。 特に、 中国北方民族の人たちは、人間の生涯という物を生まれたときは赤ちゃんを熱の塊として徐々に年老いて冷たくなり、やがて硬く動かなくなる物として捉えてきました。
そこで、『熱』から『冷』への移行を少しでも抑止し、火熱の摂取または維持によって少しでも長生きをするためにと考え出されたのが「お灸」です。お灸の原料となる「よもぎ」は 砂漠など、不毛の地とされているところでも、わずかなオアシスのほとりでも生えています。 この生命力の高い植物に依って病気の治療をすることを考え付いたのが、お灸の始まりだとされています。
人々はよもぎを乾燥させてもぐさを作り、灸をすえることを考えつきました。 また、きびしい寒さのために衣服をつけたまま手足の先に灸をし、その結果、内臓の病気が治る事を知り、このような経験の積み重ねからお灸という東洋医学独特の治療が生まれたのです。

 

日本のお灸の歴史

日本にお灸が入って来たのは平安時代で、仏教伝来士によりもたらされ室町時代に中国との交流の中で宗教とともに広まっていきました。
お灸の全盛期は江戸時代中期で、その治療法はヨーロッパにも伝えられ、お灸の材料のモグサをMOXAと日本名で紹介されています。明治初期に西洋医学が医学の中心になる前までは、漢方薬とともに治療のひとつとしてモグサが広く使われ、民間療法として愛用されてきました。お灸は子供から大人まで病気にかからないよう、体力増進を主目的として行われていたとされています。

 

昔のお灸のイメージはこんなのを想像する方が多いと思います。

見た感じとても熱そうですが、実際も本当に熱いです、、、
こういったお灸は『イボ』の治療に使われる事が多く現在では西洋医学のレーザー治療が一般化してきているので見かけなくなってきました。また、皮膚を化膿させるので感染症のリスクがある事から禁止されるようにもなりました。

 

現在のお灸はと言うと、、、

お灸で温かく!
筒の中にモグサが入っており、そこからモグサを出す量でお灸の温度を調節することができ、ポカポカとした温かい温度でゆっくりと患部を温めていきます。ですので、火傷とかのリスクが無くお灸を据えることができます。

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒590-0834
大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線湊駅から徒歩1分

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

LINEアカウント

お友達追加して頂くと、、、 直接ご予約を取ったり、気になる事があればいつでもメッセージを送る事ができます。 また、お得なクーポンやイベントも配信しております!

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
もみほぐし
鍼灸治療
往診
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
ほっと整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
求人情報
WEB限定メニュー
ほっと整体整骨院院内案内
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ほっと整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒590-0834
    大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線湊駅から徒歩1分

pagetop