ほっと整体整骨院トップページ > ほっと整体整骨院通信 > ぎっくり腰に注意!

ぎっくり腰に注意!

2020.06.23

ぎっくり腰とは正式名称『急性腰痛症』と言います。名前のとおり「急に腰が痛くなる」症状のことをさします。

原因は様々で、重い物を持ちあげた時や急に体を捻った時など、日常の動作で起こることもあります。

 

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは、骨に何かあったというイメージが多いかもしれませんが、主なきっかけは背中にある筋肉や筋膜の損傷です。いわゆる肉離れが起きている可能性が高いです。こういったときに無理をしたりすると、二次的に椎間板や関節の損傷も伴ってしまい、さらに髄核が飛び出し、神経を圧迫してしまう椎間板ヘルニアを引き起こしてしまうこともあります。

 

ぎっくり腰をする原因は?

この時期はぎっくり腰になる方が増えます。気圧の変化や気温の変化がある今の季節、身体が冷えている状況では血行が悪くなり、そのせいで筋肉が固くなってしまいます。身体の循環が悪いと思いもしないことでぎっくり腰になってしまいます。

特に梅雨だと雨が多く、今年はコロナウイルスの影響で自宅にこもりきりの方も少なくないと思います。エアコンが効きすぎていたり、運動不足で筋肉が固まりやすいです。

他にも筋肉が緊張していたり疲労が溜まったりしていてもぎっくり腰は起こります。自分で意識していなくても筋肉は毎日疲労しています。睡眠や栄養などで回復しますが、腰絵の負荷が続いたり大きすぎたりすると、回復が追いつかず損傷してしまうのです。

 

ぎっくりごしになったら

痛みの度合いにもよりますが、動けなかったり、少し動くだけでも痛い状況であれば、楽な姿勢で安静にするのがいいでしょう。痛みが少し落ち着いてきてなんとか歩けるようになれば、動ける範囲で動いたりマッサージやストレッチをしましょう。そうすることで筋肉を緩めて血行が良くなり、回復が早まります。ただし、激しすぎる運動や無理な運動は逆に損傷をひどくしてしまうことがあるので控えましょう。

ひどすぎる場合、コルセットで補強するのはいいですが、あまりコルセットに頼りすぎると筋肉の衰えに繋がります。そして、あまり長い時期付けていると外すのが怖いと精神的な不安が出てくることもあるので注意しましょう。

予防としては、身体を冷やさないことが大切です。他にも軽い運動をしたり、質の良い睡眠をとること、しっかりビタミンなど栄養を取りましょう筋肉を冷やさないように、筋肉が固まらないように、筋肉をしっかり回復するように、を意識しましょう!

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒590-0834
大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線湊駅から徒歩1分

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

LINEアカウント

お友達追加して頂くと、、、 直接ご予約を取ったり、気になる事があればいつでもメッセージを送る事ができます。 また、お得なクーポンやイベントも配信しております!

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
もみほぐし
鍼灸治療
往診
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
ほっと整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
求人情報
WEB限定メニュー
ほっと整体整骨院院内案内
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ほっと整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒590-0834
    大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線湊駅から徒歩1分

pagetop