ほっと整体整骨院トップページ > 未分類

未分類

頭痛と鍼灸治療

2021.06.22

頭痛と鍼灸治療
例えば雨の降る前やストレスがかかったとき、女性であれば生理中など、頭痛を経験したことがないという人はほとんどいないと思います。日本人の4人に1人が頭痛持ちと言われ、健康番組でも「頭痛」を取り上げているくらいなのでよく遭遇する症状です。
頭痛のなかには危険な頭痛もあります。それは体や脳(脳出血・梗塞や脳腫瘍)などに病気が潜んでいるケースですね。

ここでは突然の激しい頭痛やこれまでに経験したことのない激しい頭痛、だんだん痛みがひどくなる頭痛、いつもと様子の異なる頭痛、手足の麻痺やけいれんがあるといった場合を除いた(脳や体に病気がない)、繰り返し起こる頭痛(一次性頭痛)について少し伝えておきたいと思います。

頭痛の主な原因には、
➀血管の炎症

➁筋肉の異常緊張
➂脳の病気
のおおまかに3つあります。それ以外に眼や鼻、精神的ものでも頭痛の原因となります。

片頭痛について
特に数時間から数日前から頭痛が起こりそうな現象、情緒不安定や光や音に過敏、目の前にキラキラした点が表れ、ギザギザした光の波が広がってその場所がはっきり見えないのが10~20分くらい続く(眼を閉じても光の波は見える)「前ぶれ」が、、、

この前兆が終わった後に頭痛が起こるタイプ、これが片頭痛。
片頭痛に対する予防や治療でトリプタン系の薬剤が効果的ですが、副作用もありさらに過剰服用による頭痛も注意しなければなりません。

通常のケア(薬の服用)に鍼治療を加える、または鍼治療だけでも頭痛の回数を減らすことができ、さらに頭痛の予防が可能です。日常生活の質が向上すると言われています。

頭痛でお悩みの方、鍼治療をおススメします!!

頭痛には生命に関わるものもあるので安易に自分は大丈夫と簡単に判断しないように…

頭痛にも色々な種類があり、緊張性頭痛、偏頭痛、群発性頭痛、脳梗塞などがありますが、一番多いのが緊張性頭痛で、約7割を占めています。全体が締め付けられるような痛みで、肩から首、後頭部、目の奥にまで痛みが広がります。主な原因は、姿勢不良、血行不良、ストレスによる自律神経の乱れなどが挙げられます。
血圧の薬はいつも飲んでいるのに、体調が悪いと頭痛が始まる ー これはよく耳にする悩みの1つです。薬でコントロールしているにも関わらず疲れがたまってきたり、風邪気味になると頭が痛くなるので心配になって鍼灸院を訪れるのです。このような時、まず冷静にからだを点検してみてください。後頭部、首、肩、背中、腰に至るまで「コリ」だらけになっていませんか。背骨沿いがこっていれば背骨の終着駅は頭ですから、当然頭も痛くなります。

これらを踏まえて
鍼灸治療の頭痛の分野で一番のオススメのツボが『風府(ふうふ)』です。

後頭部の中心線上、後頭部と首の境目の太い二本の筋肉に挟まれたくぼみに風府のツボがあります。

 

頭痛のメカニズム

2021.06.08

なぜ『頭痛』が起こってしまうのか??

「頭痛」といっても、脳自体が痛むわけではありません。
頭部で痛みを感じるのは、血管、骨膜、硬膜、頭皮、頭を覆う薄い筋肉、神経、などでの組織が圧迫されたり、引っ張られたり、炎症を起こしたりした時に痛みとなって現れ、結果「頭痛」と総称して言います。
痛みの発生状況や痛みの種類などにより、様々なタイプに分類されます。

片頭痛
こめかみから目にかけて、片側中心、もしくは両側や後頭部までも脈打つように起こる頭痛のことです。きっかけは様々で、ストレス、寝過ぎや寝不足、女性ホルモンの変化(月経周期)、天候や気圧の変化、空腹、肩こり、アルコールなどです。
片頭痛のメカニズムはまだ完全には解明されておらず、以前は脳の血管が収縮して前兆が起こり、その後、血管が拡張して頭痛が起こると考えられていました。最近では脳そのものに何らかの原因があるという説や、脳血管に原因が見られるとする説があります。また片頭痛は身内に同じような頭痛を持つ人が多いため、遺伝的な要素があると考えられています。

 

緊張型頭痛
後頭部から頸部にかけて、重苦しい感じや、頭を締めつけられているような圧迫感が起こるのが特徴です。
時々痛くなったり、ほぼ毎日痛くなるものがあり、片頭痛のようにズキズキする痛みではなく、動いても痛みは強くならず、吐き気もありません。
緊張型頭痛が起こるきっかけは、身体的、または精神的ストレスが大半を占めます。
長時間同じ姿勢の身体的ストレス、環境の変化による精神的ストレスなど、ストレスによって神経や筋肉が過度に緊張し、筋肉に疲労物質が溜まる事で脳内の痛みの調整機能がうまく働かなくなり頭痛が起こります。

 

群発性頭痛
群発性頭痛は片方の目の周りにひどい痛みを感じると言われ頭痛のなかでも、もっとも痛みの強いものの一つです。
体内時計のある視床下部の機能異常によって起こるという可能性が高く、頭痛発作時には内頚動脈の拡張が関係している可能性があると言われています。

花粉症治療

2021.04.13

花粉症とは

花粉を吸い込んだりすることで、鼻の粘膜や目の結膜が刺激されることによってアレルギー反応が起こり『くしゃみ』『鼻水』『鼻づまり』の他に『目の痒み』『鼻のかみすぎや鼻水による肌荒れ』などのさまざまな症状を引き起こす症状です。

アレルギー反応とは、細菌やウイルスなどが体内に入ってきたとき、その異物を「敵」と捉えて体が反応して『免疫抗体』をつくります。それは人体が細菌やウイルスに負けないために重要な防御反応です。

しかし、アレルギー反応は花粉や食べ物など、本来は『敵』ではないものを『敵』と誤認し反応して免疫抗体を過剰に作り出した結果、日常生活にも支障を生じるほどの免疫機能の障害と言えます。
花粉症はさまざまな花粉で発症しますが、その代表的なものが春のスギ花粉症です。スギ花粉症は日本固有のもので、現在日本人の約20%が発症していると言われており、花粉がある限り花粉症が無くならないのが事実です。

●原因
花粉症は、食物アレルギー等と同じアレルギー疾患です。

スギなどの花粉の粒子が鼻の粘膜や目の結膜を刺激することでアレルギー反応を引き起こして、症状が出てきます。
発症する人としない人の違いは個々の体質や生活習慣、食生活、住環境によって変わります。
アレルギー物質に対しての許容量は、体質が異なるのと同じで人によって違います。
長年、花粉を浴びながら生活していても、体内に蓄積された花粉の量が『許容量を超えた時』に発症すると言われています。

同じ環境下でも個体差があり、親子・兄弟間では体質が似る事がありますが、アレルギー物質への耐性や許容量は人によって違います。また、多くの花粉に晒される環境下で一緒に生活をしていても、発症する人と発症しない人がいます。

花粉症の症状

●目の症状
かゆみ
充血
涙目
●鼻の症状
鼻水
鼻づまり
くしゃみ
●その他の症状
頭痛
倦怠感
微熱

花粉症と風邪との違い

・高熱
・サラサラした鼻水が出る
・一週間以上症状が続く
・外出した際に症状が悪化、天気のいい日に悪化
※上記の症状であれば花粉症の可能性が高いです

ほっと整体整骨院では花粉症の治療も行っておりますのでご相談くださいね。
施術内容も症状により異なりますので詳しくお話をお聞かせください。

首の痛み

2021.03.16

首に負担がかかりやすいのは?
約7割の人が首に痛みや怠さを感じると言われるほどよくみられる症状です。
頚椎(首の骨)は、重さが6~8㎏もある頭を支え、上下左右に動かしたり、回転させたりと、複雑な動きをコントロールしています。
それだけに首には継続的に負担がかかりますが、加齢によって首の筋肉が弱ったり、運動不足で首をあまり動かさないでいると、肩コリから筋肉痛を起こしたりします。※寝違えもこの症状の一つです。
首の痛みの多くはこうしたタイプで、日常の習慣を見直したり、首の筋肉を鍛えることで改善されます。
しかし、加齢によって頚椎そのものも老化すると頚椎の間のクッション(椎間板)がすり減ったり、変形が生じると、慢性的な痛みやしびれを起こすようになります。
頚椎の中央には、神経幹である脊髄が通っており、脊髄から枝分かれした神経が肩や腕へとつながっています。そのため頚椎が変形すると、首の痛みだけでなく、肩の痛みや手の痺れ、あるいは脚の痺れによる歩行障害、最悪の場合排尿障害まで起こすこともあります。
こうした症状が起こるようになると治療にも長い時間がかかり、ケースによっては手術が必要となります。できれば初期段階(首のこりや筋肉痛などの段階)で、早めに対処することをオススメします。

 

聞いたことのある首の症状

 

頸椎ヘルニア

椎間板にはゼリー状の物質が詰まっていてクッションの役割をしており、加齢などよって頚椎の椎間板自体が変形した場合に神経や脊髄を圧迫する事により頚椎症と同様の症状を起こします。
椎間板ヘルニアは30~40歳代の比較的若い世代にも起こり得る症状です。
頸椎ヘルニアは首こりや筋肉痛を除くと、首の障害で最も多くみられる症状でどちらも放置していると悪化しやすく、痛みなども激しくなるので早めに治療をしましょう。

頸椎症

加齢などにより椎間板の柔軟性が低下すると、骨と骨の間のクッションが弱くなり頚椎そのものに強い力がかかり変形を起こしやすくなります。
その結果、頚椎から腕に通る神経が圧迫され、手や指の痺れ、皮膚の感覚異常、手が動きにくいといった症状(神経根症状)がみられます。
また、脊髄が圧迫されると、脊髄は全身につながる神経の中心なので、あちこちに様々な症状が起こります。
日常生活での症状として、手のしびれや麻痺(ボタンが掛けにくい、字が書きにくい、箸が持ちにくいなど)、下肢の痺れや麻痺(つまずきやすい、足が動かしにくいなど)、排せつ障害(尿が出にくい、トイレが近い、便秘など)などが起こる可能性があります。

肩関節の痛み

2021.02.23

肩関節って何個?

肩関節と股関節は人体では珍しく様々な方向に動かすことができる関節です。その為、肩の部分には何個かの関節がありそれぞれが少しずつ関係し動いているのです。

ですので個人によって肩に痛みが出る場所が違ってくるのです。

肩を大きく4つに分けてみましょう

●肩甲上腕関節
名前の通り肩甲骨と上腕骨で形成される関節でいわゆる肩関節で、人体に存在する関節の中で一番多くの動きをするため痛みが出やすいです関節です。

●肩鎖関節
肩甲骨から出ている肩峰と鎖骨で形成する関節で意外と見落としがちな関節です。

●肩峰下滑液包
関節ではないですが肩峰の下に少し隙間がありそこに腱板が走っており、それをスムーズに動かす為に滑液が入った袋があります。

●肩関節と首(肩甲骨と頸椎)
これも関節ではないのですがご存知の通り首はいろいろな方向へ動く為に多くの筋肉が存在します。その筋肉が緊張を起こすことで痛みや怠さが出てきます。

↑上記のように【肩】を構成しているのは1つでないことがお分かりいただけましたか?

肩関節周囲の痛み

肩関節の痛みで一番多いのが肩関節の周囲の痛みです。
細かく言えば、肩甲上腕関節の周囲の痛みです。痛みが発生する場所が中でも外でもある為、完全に区別することは難しいことがあります。

肩峰下滑液包の痛みも入ります。

ここの痛みの原因は多岐に渡りますが、関節包と腱板がキーポイントになります。

関節包が炎症を起こし分厚くなって痛みが出る事を『四十肩』『五十肩』と呼ばれます。
また、腱板が炎症すれば『腱板炎』、腱板が損傷すれば『腱板損傷』『腱板断裂』と診断されます。腱板に石灰・カルシウムが沈着すれば『石灰性腱炎』と診断されます。
肩関節前面の痛みでは上腕二頭筋(力こぶの部分)の長頭部分が関節の中に入り込み痛む『上腕二頭筋長頭腱炎』と診断されます。

肩関節の少し上の方が痛む

肩関節より上ということで、肩鎖関節部分の痛みだと考えられます。
痛みといっても様々で、炎症が起こっている場合『肩鎖関節炎』、軟骨がすり減っている場合『変形性肩鎖関節症』、脱臼してしまった場合『肩鎖関節脱臼』、鎖骨の先端が骨折してしまった場合『鎖骨遠位端骨折』などの診断名が付けられます。

首から肩にかけての痛み

肩関節の痛みではなく、肩から首にかけての広い範囲での痛みは背部で一番大きな筋肉の『僧帽筋』が関係している事が多いです。
僧帽筋は首から背中、肩関節の三角形状に連なっており広い範囲で痛みが出ます。また、僧帽筋の下には肩甲挙筋、菱形筋なども存在し首を動かす動作、肩を動かす動作など様々な運動に関与します。
俗にいう『肩こり』『寝違え』もこの僧帽筋に緊張が原因で起こしている可能性が高いでしょう。
注意が必要なのは、『頸椎ヘルニア』の可能性もあるので専門的な所で検査するのもいいでしょう。

自律神経が乱れると、、、

2020.11.24

人間の体内には無数の神経があり、内臓の働きなどを調整してくれるのが「自律神経」です。自律神経が乱れると心や体にさまざまな支障が出てきます。

自律神経には、2種類あります。

自律神経は、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールするために、自らの意思とは関係なく24時間働き続けます。昼間や活動しているときに活発になる「交感神経」、夜間やリラックスしているときに活発になる「副交感神経」があります。
2種類の神経がどう作用するかによって、心や体の調子は変わるのです。交感神経が強く働くと、血圧が上がり、瞳孔が拡大して、心と体が興奮状態になり、副交感神経が優位に働けば、血圧が下がり心拍数は減少し、瞳孔が収縮し、心と体が休んでいる状態になるのです。

「なんか身体がだるい」「なんだか落ち着かない」は、自律神経の乱れかも?

心と体の状態を活発にする交感神経と、心と体を休ませる副交感神経がうまくバランスを取りながら働いているおかげで、良い健康状態が保たれます。このバランスが崩れる事により、心身に支障をきたすのです。人間関係の悩みや仕事でのプレッシャーによる精神的なストレスや、過労による肉体疲労、昼夜が逆転した不規則な生活などが、自立神経の乱れの原因になります。

自律神経失調症」とは、自律神経の乱れから、不安や緊張感が高まり、吐き気や多汗、全身のだるさ、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠など、さまざまな症状が見られる病気で、これらの症状は人により大きく異なります。

自律神経が乱れると、臓器にも影響が出てきます。胃酸が過剰に分泌され、胃の痛みや胸やけを感じる「神経性胃炎」、腸のぜん動運動に異常が生じて腹痛を伴う下痢や便秘が起こる「過敏性腸症候群」などがそうです。また、突然浅く速い呼吸を繰り返す「過呼吸症候群」も自律神経の乱れから起こります。これは息苦しさ、めまいや手足のしびれが症状として現れます。

規則正しい生活を送りましょう!

自律神経が乱れないようにするための方法をご紹介していきます。
ストレスを感じることが多い現代社会では、交感神経が過剰に働いている場合が多く、心を鎮める副交感神経が優位になるように、意識的にリラックスできる方法を取ることが必要です。例えば、気持ちが穏やかになる音楽を聞いたり、ぬるめの湯につかったりするなどが効果的です。
また、気長に考える習慣を身に付け、普段から物事を楽観的に捉えることで、つらい人間関係や仕事によるストレスを和らげれるようになります。

ライフスタイルを見直すことも大切です。日常生活は、食事、睡眠、休養、労働(勉強)、運動の5つの要素で構成されています。これらが毎日規則正しく行われていれば、生体リズムの調子が整うのです。忙しくても、できるだけ同じ時間に食事を取り、睡眠時間をたっぷり摂るよう心掛けることが大切です。
睡眠の質を良くする食事には、トリプトファンという眠りを促す成分を含む乳製品や米、ごま、バナナや、副交感神経の働きを高めるマグネシウムを含む豆腐やナッツ類などがあります。

ストレスの緩和や、自律神経のコントロールに効果が期待できる成分はカルシウムです。神経の伝達に重要な役割を果たす成分や神経細胞の興奮を抑える働きがあり、不足すると怒りっぽくなります。牛乳や小松菜などカルシウムを含んだ食品を取るよう心掛けましょう。
また、ビタミンCを含むパプリカやレモンもストレス対策に効果的です。自律神経のコントロールには、ビタミンAを含む鶏レバーやうなぎ、ビタミンEを含むアーモンドやオリーブオイルなどがおすすめです。

日常生活を送る上で、むずかしい人間関係やしなければならない仕事からくるさまざまなストレスは避けれません。
ストレスを和らげて自律神経のバランスを整えるためには、心身を興奮状態にする交感神経の働きを弱め、体を休ませ、気持ちを落ち着かせる副交感神経の作用を強くすることが必要です。
お気に入りのリラックス方法を見つけて、快適な毎日を送るよう心掛けましょう。

ぎっくり腰の予防法

2020.11.13

あなたのぎっくり腰の原因を探ろう!

ぎっくり腰の原因は特定しにくく、筋肉の過緊張や疲労、炎症などと言われています。腰はなぜそんなに弱いのでしょうか?日本人の30代男性の背筋力平均は約130kg、女性は約80kgと言われています。重い荷物を持ったとして、筋力を上回るほどの荷物を持ってぎっくり腰になったとは考えにくいです。日常の動作で腰を痛めた場合、筋肉だけでなく心身に何かしらの問題があったとが考えられます。

疲労の蓄積やストレスによる神経の興奮で筋肉が凝りかたまっていたり、運動不足による筋肉内の血液循環の悪化、身体を動かすために必要な栄養が不足し、筋肉や組織も栄養不足の状態になっている、身体を温める力が弱く、外的要因による冷えで筋肉の柔軟性が不足している、組織の水分不足で筋肉の柔軟性が低下したり、靭帯などの結合組織が硬い状態になっているなどが考えられます。

簡単ストレッチでぎっくり腰を予防しよう!

予防につながるストレッチ、筋トレをご紹介します。普段から腰を挟んだ肩関節や股関節を動かしておくことが重要です。

腰の上部がぎっくりになる方には、股関節のストレッチがおすすめです。
➀ 脚を開いて椅子に座り、つま先をやや外側に向け膝の向きと揃える。
➁手を内ももに添える。
➂右の肩を身体の前方に持ってくるように胸部を捻りながら、右手で右の内ももを外に向けて押す。目線は左の肘を見るようにし、3秒くらい呼吸を止め、元に戻す。
※左も同様に行う。(3~5セットを目安)

腰の真ん中がギックリになる方には、ドローインがおすすめです。
➀仰向けに横になり膝を立てて「足裏」「骨盤の裏側」「胸の裏側」「後頭部」が床についていることを確認する。
➁軽くあごを引いて背骨を長くのばす。
➂鼻から息を吸い、カラダを動かさないようにしながら口から息を吐く。
➃息を吐く時におへそを背中側に引き込み、さらに胸の方に持ち上げるように意識を向け、砂時計のくびれをイメージしてお腹を薄く細くしていく。
➄吸った時にも出来るだけお腹をぽっこり出さないように気をつけ呼吸を胸で行うと腹筋深部をしっかりと働かせることができる。
※吐く息でトイレを我慢する時に働く骨盤底筋をお腹の方に引き上げて行くとさらに効果的。
※座った姿勢、立った姿勢でもOK!!(10回呼吸するのが目安)

腰の下部がギックリになる方には、キャット・カウ ストレッチがおすすめです。
➀椅子に浅めに腰掛けて足を肩幅くらいに開き、両手を組み合わせてカラダの前に輪っかを作る。
➁息を吐きながら背中をまるめて目線はお腹の方に向ける。(怒った猫のように背を丸める)
➂息を吸いながら両手を背もたれの方に持っていき、胸を反らせる。
※背骨の動きを意識しながらゆっくりと呼吸に合わせて行いましょう。(5回くらいが目安)

さまざまな要因が重なって起こるぎっくり腰ですが、できれば生活習慣の改善やストレッチで予防しましょう。ギックリになったら、すぐに病院を受診しましょう。ぎっくり腰だと思っていたのに、実は骨折だったり、内臓の疾患だったりすることも考えられますので、まずは外傷や病気ではないかを確認しましょう。

1 2 3 4 5 6 22

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒590-0834
大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線湊駅から徒歩1分

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

LINEアカウント

お友達追加して頂くと、、、 直接ご予約を取ったり、気になる事があればいつでもメッセージを送る事ができます。 また、お得なクーポンやイベントも配信しております!

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
もみほぐし
鍼灸治療
往診
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
ほっと整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
求人情報
WEB限定メニュー
ほっと整体整骨院院内案内
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ほっと整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒590-0834
    大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線湊駅から徒歩1分

pagetop