ほっと整体整骨院トップページ > 未分類

未分類

ほっていてはいけない身体の歪み

2020.07.22

お家の鏡で自身の身体をみたときに「歪んでるな」「体が傾いてる」と思ったことはありませんか?

身体の歪みによって様々な悪影響が出てきます。身体の歪みの原因は主に骨盤の歪みだと言われています。骨盤は身体全体を支えているものです。その骨盤が歪むと、身体全体が歪んできます。歪みがある状態のままでいるといろんな」症状を引き起こす原因となります。

なぜ身体が歪むのか

人は当たり前のように「二足歩行」をしていますが、もともとは「四足歩行」をしていました。二本の足で立ったり、歩いたりする姿勢は、重力に逆らっている姿勢で、知らず知らずのうちに私たちの骨や関節などに大きな負荷がかかっています。重力に逆らう姿勢を取り続けることが、身体の歪みの原因になります。しかし、それだけが歪みの原因ではありません。日常生活における様々な生活習慣の積み重ねが、歪みの大きな原因です。

あてはまるものはないですか?

・片足に体重がかかってる、足を交差している
・足を組んで椅子に座っている
・カバンなどを持つ手が決まっている
・ストレスを感じることが多い
・サイズの合わない靴などを身に着けている 等

これらは歪みを引き起こす生活習慣の一部です。こういった些細なことの積み重ねにより、身体が歪んできます。

歪みが原因で起こる症状

生活習慣によって歪んでしまっている身体に起こる症状はいろんなものがあります。主な原因と言われている骨盤が歪むと、背骨の歪みも生じてきます。そうすると、筋肉のバランスが悪くなり、血液やリンパの流れも悪くなってしまいます。新陳代謝が低下することによって老廃物の排出がうまくできず、肩こり、頭痛、腰痛、むくみ、冷え症などの症状が起きやすくなってきます。

ほっと整体整骨院では

ほっと整体整骨院では姿勢分析をしています。姿勢の写真を撮り(普通のカメラで撮るので、レントゲンなどの放射線による被爆の心配はありません)、分かりやすく「どのように歪んでいるか」などを説明させて頂いてます。その後、アメリカから取り寄せた特別なベッドを用いて背骨や骨盤の矯正を行っています

身体の歪みにより出ていた症状を矯正をして改善していきましょう!

冷え症の改善

2020.07.07

梅雨の時期で雨が続きですが元気に過ごしていますか?九州の方では大雨で特別警報が出ています。

関西でも雨や風が強いですね。やはり雨に濡れて風邪をひきやすかったりします。
雨が降っていても湿気がすごく蒸し暑くなっていることで、クーラーをつける方も増えたと思います。こんな時期に多いのが『冷え』です。

元々冷え症の方もいらっしゃるかと思います。なので今回は冷え症の改善について紹介します。

あなたも冷え症かも!?

 

こんな症状ありませんか?

もし当てはまる方がいればあなたも冷え症の可能性があります。

・寒くはないが、手足が冷たい
・寝ようとしても、手足が冷えて眠れない
・お風呂に入ってもすぐに手足が冷えてしまう
・厚着をしても体が冷える
・便秘や下痢になりやすい

たかが冷え症とおもっていてもほったらかしにしておくと、様々な不調が現れてきます。

冷え症の原因

冷え症とは、血液の流れが悪く毛細血管へ温かい血液が流れず、血管が収縮して手足が冷えてしまう状態のことです。気温とは関係なく体が温まらないので、夏場でも症状は出ます。日々の生活習慣が冷え症に大きく関わります。

■運動不足
運動不足は身体の代謝を低下させ、血液の循環を悪くします。そして、筋肉量が少ないと身体の中で熱の生産がうまくできず温まりにくくなります。特に女性の方が筋肉量が少ないので冷えやすい体質だと言えるでしょう。

■食生活の乱れ
冷たい食べ物や飲み物、ファストフードやスナック菓子を食べすぎたり、無理な食事制限のダイエットによるミネラルやビタミン不足で体が冷えてしまい、さらに血液がドロドロになるので循環が悪くなります。

■自律神経の乱れ
自律神経は体温調節の役割があります。現代の冷房管理が整った住環境では「厚い」「寒い」の感覚が鈍くなり温度調節の機能がうまく働かなくなってしまいます。それが毛細血管を収縮させて冷えの原因になります。

冷え症の改善

日常生活にうまく取り入れて改善していきましょう!

バスタイム

極力シャワーだけで済まさずに、お風呂に浸かってしっかり体を温めましょう。38~40℃くらいのぬるめのお湯が最適です。じんわり汗をかくくらいまでお湯に浸かりましょう。リラックスすることで、副交感神経が働き血管が拡がることで血流が良くなります。また、オレンジ色など、暖色系の色のタオルなどを持って浸かることによって視覚からも脳を休めることができよりリラックス効果があります。

適度な運動

血流を良くするためには新陳代謝を促進することがいいです。軽いウォーキングやストレッチなどを日常生活に取り入れましょう。特に、寝る前にストレッチすることで血行が良くなり体温が上がるので、よく眠れるでしょう。歩いたりしてふくらはぎが動くことで足先までの血流が良くなるので、足元の冷えも改善されます。無理のない程度に運動をしましょう。

自律神経が乱れるのは?

2020.07.06

自律神経とは?

自律神経とは、内臓の働き、代謝、体温などをコントロールしています。自分の意志と関係なく働き続けています。自律神経は二種類あり、活動しているときに働く交感神経リラックスしているときに働く副交感神経があります。

交感神経が優勢に働いているときは、血圧が上がったり、瞳孔が拡大し興奮状態になります。副交感神経が優勢に働いているときは、血圧が下がり、心拍も減少、瞳孔が収縮しリラックス状態になります。

自律神経が乱れると…

交感神経と副交感神経のバランスが崩れることにより、自律神経の乱れになります。

乱れる原因はいろいろあります。
・精神的なストレス
人間関係や仕事の関係などの悩みや不安などでストレスになったり、生活の中でのちょっとしたストレス(音、光、温度など)でもストレスとなり、過剰になってくると交感神経と副交感神経のバランス、つまり自律神経のバランスが乱れになります。
・不規則な生活リズム
体は一定の生体リズムで働いています。寝不足や昼夜逆転、不規則な食生活や不摂生で生体リズムが狂い自律神経が乱れることもあります。
・疾患が原因の自律神経の乱れ
代表的な疾患で言えば、自律神経失調症や更年期障害で自律神経の乱れを引き起こします。自律神経失調症は、過剰に精神や身体にストレスが加わり自律神経が乱れ発症し、その症状としてさらに自律神経が乱れるといった悪循環になります。更年期障害では、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ることで自律神経が乱れます。火照ったりのぼせたり、頭痛やめまいなどいろんな不調が現れます。

自律神経の乱れに対しての予防法

 

精神的なストレスを解消する

仕事や学校などの人間関係によってのストレスは避けられませんが、うまく付き合っていくことが大切です。気持ちをコントロールしてストレスに強くなりましょう。一人で抱え込まず、周りの人に相談したりしましょう。

生活スタイルを見直す

食事、睡眠、休養、労働、運動の五つが毎日規則正しく行われるとリズムも順調に回ります。忙しくても一日三回の食事をとり、かつ栄養面でも質を高め、睡眠時間は約7時間ぐらいがいいとされています。適度な休養や運動が大切です。乱れている生活を見直し、リズムを正すために早寝早起きも大切です。

適度な運動

体を動かすことにより、運動不足の解消、そして汗を流すことで気分もスッキリし、精神的な充実感も得られます。定期的に身体を動かすことで生活リズムも作れます。無理のない範囲の運動から始めましょう。

ぎっくり腰に注意!

2020.06.23

ぎっくり腰とは正式名称『急性腰痛症』と言います。名前のとおり「急に腰が痛くなる」症状のことをさします。

原因は様々で、重い物を持ちあげた時や急に体を捻った時など、日常の動作で起こることもあります。

 

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは、骨に何かあったというイメージが多いかもしれませんが、主なきっかけは背中にある筋肉や筋膜の損傷です。いわゆる肉離れが起きている可能性が高いです。こういったときに無理をしたりすると、二次的に椎間板や関節の損傷も伴ってしまい、さらに髄核が飛び出し、神経を圧迫してしまう椎間板ヘルニアを引き起こしてしまうこともあります。

 

ぎっくり腰をする原因は?

この時期はぎっくり腰になる方が増えます。気圧の変化や気温の変化がある今の季節、身体が冷えている状況では血行が悪くなり、そのせいで筋肉が固くなってしまいます。身体の循環が悪いと思いもしないことでぎっくり腰になってしまいます。

特に梅雨だと雨が多く、今年はコロナウイルスの影響で自宅にこもりきりの方も少なくないと思います。エアコンが効きすぎていたり、運動不足で筋肉が固まりやすいです。

他にも筋肉が緊張していたり疲労が溜まったりしていてもぎっくり腰は起こります。自分で意識していなくても筋肉は毎日疲労しています。睡眠や栄養などで回復しますが、腰絵の負荷が続いたり大きすぎたりすると、回復が追いつかず損傷してしまうのです。

 

ぎっくりごしになったら

痛みの度合いにもよりますが、動けなかったり、少し動くだけでも痛い状況であれば、楽な姿勢で安静にするのがいいでしょう。痛みが少し落ち着いてきてなんとか歩けるようになれば、動ける範囲で動いたりマッサージやストレッチをしましょう。そうすることで筋肉を緩めて血行が良くなり、回復が早まります。ただし、激しすぎる運動や無理な運動は逆に損傷をひどくしてしまうことがあるので控えましょう。

ひどすぎる場合、コルセットで補強するのはいいですが、あまりコルセットに頼りすぎると筋肉の衰えに繋がります。そして、あまり長い時期付けていると外すのが怖いと精神的な不安が出てくることもあるので注意しましょう。

予防としては、身体を冷やさないことが大切です。他にも軽い運動をしたり、質の良い睡眠をとること、しっかりビタミンなど栄養を取りましょう筋肉を冷やさないように、筋肉が固まらないように、筋肉をしっかり回復するように、を意識しましょう!

雨の日に起こる症状

2020.06.12

大阪も今週から梅雨入りしますね!
雨の日が続くと気持ちもどんよりしたり、体調がすぐれなかったりしますよね。なぜ雨の日に体調がすぐれないのか。雨の日に起こる症状はいろいろあります!

 

体調不良の原因

気圧や天気の変化が起きると、人間の身体はストレスを感じます。それに抵抗しようと自律神経が活性化されます。自律神経とは、交感神経と副交感神経があります。交感神経は血管えお収縮させて、心拍数を上げ身体を和興奮させる働きがあります。副交感神経は血管を弛緩させて身体をリラックスさせさせる働きがあります。この自律神経のバランスが乱れることで、様々な体調不良の原因となってしまいます。

 

こんな症状が出てくる!

特に多いのが頭痛体のだるさ。他にも全身のむくみひどい眠気食欲低下気分の落ち込み関節の痛みなどもあります。

中でも頭痛で悩まれている方が大半だと思います。なぜ頭痛が起こるのか

気圧が低下すると、交感神経が活発になります。そうすると、ノルアドレナリンと言うホルモンが血中に放出され、痛みを感じる神経を刺激します。さらに、ノルアドレナリンは血管を収縮させたりする作用や、副腎髄質にも働きかけアドレナリン分泌し、同様に痛みを感じる神経を刺激します。普通の状態では、痛みを感じる神経が刺激されたとしても、痛みを感じることはほとんどありません。しかし、あらかじめ神経に炎症などが存在すると、交感神経に反応する回路が出現し、気圧の変化で痛みを感じるようになってしまいます。

他には、気圧の変化で体内の水分のバランスが乱れ水分を必要以上に増やしてしまうと考えられています。身体の中に余分な水分が溜まることは、血管の拡張や自律神経の乱れに繋がります。脳内の血管が拡張すると周りの神経を圧迫してしまいます。そうなることで炎症が起き頭痛が発生します。また、自律神経の乱れは、だるさやめまいといった不調を引き起こしてしまいます。

 

ほっと整体整骨院では

当院では、自律神経の乱れを整えるために、吸い玉やお灸治療を行っています。実費治療ですが、医師の同意が得られれば保険による施術が可能になります。また、ヘッドマッサージで頭痛の改善や、フットマッサージで足のむくみの改善にもなります。

第二波予防

2020.06.10

緊急事態宣言が解除され、営業自粛をしていたお店などが営業再開しましたね。

テレビでは毎日のようにコロナのニュースが目に入り、未だに感染者が後を絶ちません、、、

手に入りにくかった、マスクや消毒液は現在では購入することができるようになってきました。

緊急事態宣言が解除され、第二波が現在では問題視されているのはみなさんはご存知だと思います。

スペイン風邪
約100年前に世界的に流行し、世界で約6億人が感染、数千万人が亡くなったスペイン風邪のときはどうだったのか。スペイン風邪を分析した東京都の資料によると、日本での第一波は1918年11月に訪れ、約44000人が死亡した。その後、収束に向かったものの、約1年後の冬に第二波が到来した。米国やフランスなどでは第二波の方が脅威となり、国立感染症研究所によると、致死率は第一波のときの約10倍でした。

感染者数がピーク時よりも減少はしていますが、テレビではどれくらいの人が何月何日にPCR検査を受け、その内何人が陽性だったか、そして陽性患者のうちの何人が陰性に変わったかの報道はされておりません。
一見コロナウイルスが減少傾向にあるように見えますが、緊急事態宣言前と後ではほとんど変わりが無いように思えます。
そこで、私たち自身で身を守るようにしないといけないと思います。

当院では、専用の機械を使い次亜塩素酸水溶液を精製し常時院内噴霧しております。
メディアでは次亜塩素酸水溶液と次亜塩素酸ナトリウム水溶液の違いが報道されていましたが、
次亜塩素酸水溶液とは、食塩を水に溶かし電気分解した物なので安心安全にご使用いただけます。
現在社会の情報のほとんどがメディアになっていますので、1つの情報だけでの判断が難しくなっておりますのでご注意くださいね。

毎週水曜日は次亜塩素酸水溶液を無料配布していますので、空の容器を持ってお越しください。
当院をご利用していない方もお分けしております。
これ以上、コロナを増やさない為にも皆様のご協力が必要です!!

むくみにはフットマッサージがオススメ

2020.05.29

身体の60%が水分

身体の約60%は水分で出来ている事はご存知だと思います。その60%の3分の2は細胞内(細胞内液)に、3分の1は細胞外(細胞外液)にあります。細胞外液は、血液に含まれる水分(血漿やリンパ液)と、細胞と細胞の間(細胞間隙)を埋めている水分(間質液)です。これらの水分は細胞や血管などを行き来して、細胞に栄養を送ったり、老廃物除去の働きをしていますが、基本的に体内の水分の配分が変わることはありません。
しかし、体内の配分バランスが崩れ、細胞間隙に水分が溜まってしまうことがあります。これがむくみです。
むくみは、血管から細胞間隙へ流れ出る水分が多くなる、血管やリンパ管へ吸収される水分が減ってしまう、などの理由で起こります。

むくみの原因

むくみの原因は様々で、中には疾患によるむくみもあります。この場合は、むくみはなかなか治らず、動悸や息切れ、体重の増減が激しい、尿の量が減る、食欲不振、極度の疲労などの症状を引き起こすこともあります。むくみがしばらく続くようであればかかりつけ医に相談した方がよいでしょう。ただ、一晩寝たらむくみが治ってしまうような一過性のものであれば問題ありません。

長時間同じ姿勢でいると、むくみが出る事があります。これは、血液の循環が悪くなり、血管から水分が多く流れ出してしまうためです。立ち仕事をしていると重力によって脚に水分が溜まる為、むくみが出る事があります。
また、きつく密着する服を着ていると、血管が圧迫され狭まり血液の循環が悪くなります。窮屈な靴をはいていても同じように足がむくんでしまいます。

水分を摂りすぎたりすると、体内の水分量が増え、むくみやすくなります。逆に水分を摂らないでいると身体が生命維持のために水分を溜め込もうとする為むくむ原因にもなります。同様に、塩分の摂り過ぎも原因になります。
また、逆に食事制限をして無理なダイエットをしていると、体内の水分調節に必要不可欠な栄養素の摂取量も減ってしまい、むくみの原因となります。

睡眠不足や睡眠前の飲酒、運動不足、ストレスなども、むくみの原因となります。また、女性は身体の構造上、男性よりも筋肉量が少ないのでむくみが起こりやすく、同様に、太っている人もむくみやすいといわれています。

むくみの予防策

①ふくらはぎのポンプ作用
ふくらはぎの筋肉は、歩いたり走ったりする時に収縮し、足の血液を押し上げる働きがあります。座り仕事中はふくらはぎの筋肉が使われず、ポンプ作用による血流が起きない為むくみが出ます。
前身の血液は心臓から送り出されるため、心臓から遠い部位ほど血液の流れが弱くなります。下半身は心臓から遠く、さらに心臓より下に位置するため、血液が滞留しやすいです。
結果として、血液や老廃物が脚の静脈に溜まりっぱなしになり、足のむくみが生じます。むくみの改善には、ふくらはぎの筋力による力強いポンプ作用が欠かせません。
②リンパの流れ
リンパとは血液とは異なる経路で体内を循環している液体で、リンパ管は血管のように全身に張り巡らされています。
リンパの役割は、体内の余分な液体や老廃物を回収、排泄や免疫機能です。運動不足や座りっぱなしの姿勢が原因で下半身のリンパの流れが滞ると、体内の老廃物がふくらはぎに溜まり、むくみが生じます。
膝の裏にはリンパが集まるリンパ節があるため、立ちっぱなしや座りっぱなしで長時間足を動かさずに仕事をすると、リンパが滞りやすいです。
血液と同様に、足に溜まったリンパを押し上げ全身に循環させることが、むくみの改善に繋がります。

この2つを同時に行えるのが『フットマッサージ』です
専用のクリームを使い足裏から膝までを徹底的にマッサージして硬くなった筋肉をほぐしたり、血流やリンパの流れの改善になります。
これからの季節はむくみやすくなってきますので早めはやめの対策をしていきませんか??

1 2 3 4 5 6 21

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒590-0834
大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線湊駅から徒歩1分

0722454155

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

LINEアカウント

お友達追加して頂くと、、、 直接ご予約を取ったり、気になる事があればいつでもメッセージを送る事ができます。 また、お得なクーポンやイベントも配信しております!

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
もみほぐし
鍼灸治療
往診
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
ほっと整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
求人情報
WEB限定メニュー
ほっと整体整骨院院内案内
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ほっと整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒590-0834
    大阪府堺市堺区 出島町2-5-5 アーバン湊 1F

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線湊駅から徒歩1分

pagetop